秋田県大仙市の有限会社太陽環境保全

〜 リサイクルには『夢』がある! 〜
             有限会社 太陽環境保全
廃棄物のリサイクルをとことん追及する会社です。
 当社では産業廃棄物の収集運搬、一般廃棄物の収集運搬、産業廃棄物の処理、汚泥汚水の清掃作業、住宅等の解体工事などを行っています。

HOME > 営業内容 > 中間処理部門

中間処理部門

リサイクルには『夢』がある!
 廃棄物をいかに適正に処理するか? 循環型社会といわれる今、ただ「壊す」「埋める」「燃やす」だけではなく、廃棄物のもつ可能性を徹底的に追及すること、そして廃棄物に混在する価値を見出していくこと、それが太陽環境保全の理想であり責務と考えております。

 当社では、さまざまな廃棄物を加工しリサイクル製品を製造しております。
塩ビ管のリサイクル
H26.6.1より塩化ビニル管・継手協会の「塩ビ管・継手リサイクル 契約中間処理会社」となり、大曲工場が秋田県内で唯一の受入拠点・中間処理施設となりました。

塩ビ管の持ち込みの際は、従来と同様、産業廃棄物管理票(マニフェスト)をご持参ください。

※詳しくは大曲工場(TEL.0187-66-2338)にお問い合わせください。





 
中間処理施設の概要
(有)太陽環境保全の産業廃棄物処理業(中間処理)の許可品目は下記のとおりです。

汚泥、がれき類(コンクリート殻・アスファルト殻、その他がれき類)、ガラス及び陶磁器くず、廃タイヤ、金属くず、廃プラスチック類(農業用ビニール・廃プラ、塩ビ管、その他プラスチック廃材)、紙くず、繊維くず(畳くず等)、木くず(解体木材・植栽等)、廃発泡スチロール、廃蛍光管・水銀灯、廃小型家電(リサイクル券の必要な特定4品目を除く、いわゆる「こでん、小型電子機器等」)OA機器廃棄物、オフィス備品系廃棄物
など多くの品目の処理が可能です。
 
どうぞお気軽にお問い合わせください。(ページ上段の問い合わせフォームより)
受け入れた廃棄物の大半が太陽環境保全の処理施設(リサイクル施設)により、再生プラスチック製品や金属製品などの原材料や環境にやさしい固形燃料などとして再資源化(リサイクル)されます。

詳しくは『太陽環境保全大曲工場のブログ』もご覧ください。
(有)太陽環境保全大曲工場ブログ → http://blog.taiyo-kankyo.com/?cid=11

 
◆(有)太陽環境保全での廃棄物処理フロー(リサイクルフロー)◆
(有)太陽環境保全 本社工場
大仙市神宮寺にある太陽環境保全本社工場では、コンクリート殻やアスファルト殻等のがれき類やガラス・陶磁器くずを破砕処理し、再生骨材(RC−40)に加工し販売しております。
 
廃タイヤも破砕処理し、工業用ボイラーの燃料とし出荷しています。


 
(有)太陽環境保全 大曲工場
大仙市花館にある太陽環境保全大曲工場では、さまざまな施設で処理(リサイクル製品の製造)を行っています。
 
空き缶等はアルミとスチールに分別を行い、圧縮処理し、金属製品の原材料に加工し出荷します。
 
使用済となったパソコンやコピー機、携帯電話機、電子レンジ等の小型家電廃棄物(こでん、デジタル家電、小型電子機器等)、オフィス備品系廃棄物、OA機器廃棄物については、破砕処理を行い、レアメタル抽出の原材料として加工し出荷します。プラスチック部分についてはRPF(固形燃料)の原材料となります。

なお、パソコンや携帯電話などのデータについては破砕処理(物理的破壊)されるため完全に抹消されます。
発泡スチロールについては、溶融処理を行い、プラスチックの原材料に加工して出荷します。
 
ビニール類やプラスチック容器や化学繊維の衣服等の廃プラスチック類、紙くず、繊維くず、木くず等は破砕処理した後、RPF(固形燃料)に加工され、工業用ボイラー等の燃料として出荷します。
また、塩ビ管等の廃プラスチック類については、粒状に破砕処理し、プラスチック製品の原材料として出荷することもあります。
解体廃木材や植栽の枝・幹などは破砕処理し、おが粉やウッドチップに加工しボイラー燃料や家畜の敷料として出荷します。

廃蛍光管については、破砕処理を行い蛍光灯の再生の原材料や耐熱樹脂プラスチックの原材料、樹脂舗装の原材料として出荷します。


  
さまざまな廃棄物処理施設
太陽環境保全大曲工場では、RPF製造機・廃小型家電等破砕選別機など様々な処理施設により、多様な処理方法、多様な再資源化(リサイクル)製品の製造を実現!

 
廃棄物処理施設について、詳しくは『太陽環境保全大曲工場のブログ』にも説明しています。こちらのほうもご覧ください。

(有)太陽環境保全大曲工場ブログ → http://blog.taiyo-kankyo.com/



 
★ 移動式がれき類破砕機の処分業許可を受けました!
 このたび秋田県及び秋田市より「移動式がれき類破砕機」の産業廃棄物処分業の許可を受けました。
 今後は、秋田県内全域の構造物解体工事等の工事施工現場内において、コンクリート等がれき類の破砕処理(再資源化、リサイクル)を行うことができます。
 詳しくはお問い合わせください。(TEL.0187-72-2338)
 
 
 
 
 
 
〜 電子マニフェスト対応できます 〜
※太陽環境保全本社工場及び大曲工場で電子マニフェストが対応できます。(収集運搬、処分)

ご利用の際はお問い合わせください。
All rights reserved TaiyoKankyoHozen.